ARM LOCK SYSTEM

アームロック システムはスピナーベイト に代表されるワイヤーベイトの性能と強度を増長するシステムです。スピナーベイト のボディーからラインを結ぶアイレットまでのワイヤーが下方向に向かおうとする力を抑える為のワイヤーを足す事で、スピナーベイト のワイヤー強度とフックポイントの貫通力を維持する画期的な構造と言えます。
写真は、インドネシアのバタム島にあるグルーパーが釣れる管理釣り場です。スピナーベイト が良く効く釣り場ですが、通常のスピナーベイト では、1匹釣るごとにワイヤーは真っ直ぐに伸ばされ、二匹目にはワイヤーが千切れてしまうか、フックが伸ばされてしまいます。しかし、アームロック システムを組み込んだスピナーベイト では10匹以上を釣り上げてもワイヤー部分には大きなダメージはありませんでした。最後、20キロオーバーのグルーパーにスピナーベイト 全体を飲み込まれ、15分以上のファイトの後、キャッチできましたが、アッパー側のワイヤーを千切られてしまいました。

ARM LOCK SEMI WEEDLESS JIG HEAD 

実釣結果 (テスター上口 氏)


ARM LOCK SYSTEMには、ワイヤーがフックをカバーする様に飛び出しているので、ARM LOCK SYSTEMを装着したジグヘッドは普通のジグヘッドよりも、ウイード、ゴミ等を拾わなくなります。フック自体は露出していますので、オフセットフックのテキサスリグよりもミスバイトを減ると傾向があります。


          ARM LOCK               SEMI WEEDLESS JIG HEAD

この写真はプロトモデルです。製品版ではアイレットを追加してブレードチューンが可能になります。
来年の春にはお届け出来ると思います。