MUSTAD アジング 用ワーム コンセプト

使い易さとフレキシビリティー

メインボディーに設けられた節とテール側の3角形状のリブは全モデル共通のでザインです。同じでザインにすることにより、モデルを交換する時も同じ感覚でフックにセット出来ると考えました。又、共通のボディーデザインは、テール異なる形状の抵抗の変化を際立たせ、システマティックに戦略を組み立てられます。


基本的に良型の鰺を狙う為にMUSTADのアジワーム は設計されましたので、テールが非常に大きなヒラヒラと強い波動を発生させるテールのバチバチは例外で、2インチ以下のワームは存在しません。しかし、ベイトが極端に小さい時にマッチ ザ ベイトの観点からボディーサイズを瞬時に変更が出来る様に節を設けています。
実はこの節は、素材の柔らかに増して吸い込みの良さを向上しています。

潮に同調させる事が大型の鰺に出逢う為の必要絶対条件だと考え、テールの形状で潮の流れの違いに対応できる様にデザインしました。
潮の流れの速さを横軸として、ジグヘッドの重さの違いを縦軸と見なすと大型鰺に出逢うためのマトリクスが浮かび上がります。
釣り人の戦略をシステマティックにサポートして、使い易さを追求したワームになったと思います。
大型鰺を釣るならマスタッド ・アジング・ルアーとジグヘッド、間違いない!