REPORT FROM FIELD TESTER

KAYAK FISHING IN 湘南

浜中 健次 - 2020年9月11日

神奈川県茅ヶ崎沖
2020年9月11日
カヤックフィッシングの楽しさが伝わる健次さんからのフィールドレポートが届きました。
日の出も大分ゆっくりとなり十分な睡眠をとってからの秋の感じを満喫する釣行になりました。大潮より好きな小潮に期待を膨らませて実釣スタート。

魚探を見つめメガアジ様の反応を探すがお留守の様ですが、イワシボールの反応が有ったので、空さずMEZASHI JIGを投入、しかし底まで着かない、すかさず合わせを入れると上がって来たのは太刀魚!魚探の良い反応が続いていたので、直ぐにMEZASHI JIGを再投入、、室長、すみません、魚の写真を撮り忘れました。そうこうしている間に良い反応が消えてしまったので、小移動、またもや好反応発見。またもはジグがそこに付かない。上がって来たのは、サバ様。その後、サバ様が連発!やっとジグがそこに着いたのを確認して高速のジャカジャカ巻き!!ただ巻きに切り替えた瞬間、サバとは違い引き。上がって来たのはイナワラ様。

もしかしてと思い、深場に移動してからの一投目。着底後3巻目で強烈な引き、巻いては出されの繰り返し一時間近い格闘の末に上がって来てくれたのは、ブリ様!!!流石にこれで終わりにしようと帰路に着くが、またまた良い反応。釣り人のサガでついMEZASHI JIGを落として見るとフォールで強烈なあたり、すんなりと上がって来る来るかと思いきやいきなりドラッグが叫びだす。PE 1号のタックルでドキドキしながら、寄せては離されの繰り返しで45分間の上がって来たのは・・・

クロマグロの幼魚メジマグロ!!!

この日は終始忙しい釣りが楽しめました。

湘南の豊かな海に感謝。そしてMEZASHI JIGに感謝です。このジグは何種類の魚さんが遊んでくれたのだろうか?大きなイワシに着いている魚が居れば確実にバイトを誘発します。お店で見かけたら迷わずにバイトして下さい。
室長からのメッセージ:
MEZASHI CASTING JIG 20g,30g,40g,60gのラインナップを予定しています。
発売は、、もう少しお待ちください、、2020年10月中には発売できる様に準備をしています。


MUSTAD AJING WORM AND FINESSE JIG HEAD FIELD TEST IN IWAKUNI-CITY 

中田 修平 - 2020年8月下旬

山口県岩国市
2020年8月28日19時〜23時
小潮の干潮前後の釣り
ボートアジング(船長バンビー山中氏)

アジの大きな群れがない中の渋い状況での釣果

数釣りが期待できない中、大物狙いに焦点を合わせるて、水深13メートル・エリアのボトム付近中心に、FINESS JIG HEAD TYPE 1 - 1.5g + FLA-FLA 白夜光ラメ (酔いどれ系のお気に入り)。
釣り開始後、船長に抜け当たり、確実にあわせて余裕のファイト、上がって来たのは32センチの良型!流石のポイント選び!
直後、私にも明確な当たり、しっかり合わせるとズッシリとした手応え、上がって来たのは、丁度30センチながら、太くて綺麗な魚体(写真)を拝む事が出来て一安心。

その後も魚影は薄く、レンジは定まらず、釣れても再現生はなく、絞りきれないまま豆アジと豆サバばかり、
粘ってようやく得た良型の強烈な引きを味合うも2連続バラシで凹んでいたが、ついに来たもう一発のズッシリした重量感“絶対にバラさん”!慎重にやりとりして上がって来たのが33センチ。丸呑みだったので写真には写っていないが、ワームはPILO-PILO白夜光ラメ。
狙いの尺アジをバンビー船長が3本、酔いどれ系が2本と結構満足な釣行。
帰宅後のビールが美味かった。。

あ、、室長、FINESSE JIG HEAD TYPE 1 - 1.3gが欲しいです。

酔いどれ系アングラーさんへ。
“作っててますよ”by MUSTATD 開発室 室長

SHORE JIGGING ROD TEST  

阿部 慶行 - 2020年8月初旬 


宮城県を拠点している阿部さんからのレポート。


実は、MUSTAD社では、フック、ルアー、アクセサリーに飽き足らず、ロッドの企画まであるのです。
今回は、宮城県からショアジギング用のロッドノレポートです。

今回は重めのハードベイトとショアジギングでも使える10フィートのロッドのテストをお願いしました。ロッドの重量、バランスは合格点を貰えましたが、ベリー部分のパワーが不足していた様で、30gのメタルジグではベストのアクションでしが、40gのメタルジグでは垂れてしまったとの事です。ベリーのパワー不足で魚を抜き上げるのも不安が残るとのレポートでした。

 

ベリーのパワーの調節を行い、第二ステージのサンプルを作ります。11フィートのロッドのテストをお願いしている郷さんからも同じ様なテストレポートをもらっているので、10フィート、11フィート共にベリー部分のパワーの調整に入ります。